カテゴリー「音楽」の記事

2012年4月 9日 (月曜日)

TOYOTA 86 × ロコ・ソラーレ × Yukarie & ARK MAXICO

 昨日、ネッツトヨタ北見で開催された新型車「トヨタ86」の試乗会にいってきました。でもうっかり試乗するのを忘れてしまったので、そのレポートはできません(泣)
 出かけた目的はイベント・ゲストにあったりします。
 テナーサックスのYukarie、そしてARK MAXICO
 彼女らは今年2月にもネッツ北見でミニライブを行なっています。僕などはすっかり影響されてしまい、ネットオークションでテナーサックスを調べたりしたものです。結局、日々の生活に流されてしまい、サックスが頭から消えかかっていた頃のライブだったので、またサックスフォンが欲しくなってきたよぉん、うぉん、うぉん。ブブブ〜ブ♪
 Yukarie & ARK MAXICOには、6月ごろにも来て欲しい! 初夏の北海道は最高ですよ!

Netz_2

 ところで、このステージ…いやな予感がするなぁ。光源をバックにした人物をiPhoneで写しきれるだろうか…。

Img_4725

Img_4741

Img_4732

Img_4726

Img_4746_2

 で、結果はごらんの通りです……すっかり「謎のユニット」と化しております。でも、おお! よく解釈すればソニーロリンズみたいだ♪(*^∇^)ノ。

Saxophonecolossus

 次の機会に備えて撮影環境の充実が急がれます…うぅ。
 ところで、Yukarieがカーリングの話をしていました。
「このなかでカーリングやってる人!」
 おそらく、控室でロコ・ソラーレの選手と世間話でもしたのでしょうか。
 ほとんど手が挙がらず、ステージトークに花が咲く間もなく話題が終わってしまいましたが。まだまだ「カーリングの町宣言」とはいかないようです。
 競技が盛んなのはオホーツク海に面した常呂町です。学校の体育で、町民のほとんどが経験するはず。北見市では北中学校、藤女子高等学校で授業に採り入れらたと聞きます。また、北見工業大学のカーリング部はかなりの実力チームらしいのだけど、町を挙げての取り組みは始まったばかり。とても常呂町には適いません。
 1998年から冬季五輪の正式種目として認定されたカーリング競技において、2010年バンクーバー大会までに11人の選手が常呂町出身者です。なんといっても日本カーリングの火付け役が常呂町! 当初北見市は、隣町の熱い状況を横目で眺めているだけでしたが、2006年の市町合併による常呂と北見の合体が転機となりました。バンクーバー五輪を終えて拠点を常呂町に移した本橋麻里選手の帰郷もあって「カーリングで町興し」の機運が一気に高まったのです。常呂町カーリングホールの隣接地に新築される通年型競技場が来年オープンを目指して着工されますが、こちらは国際大会を誘致できる本格施設となります。
http://pucchi.net/hokkaido/newstopics/201203kitami_curling.php
 2月に行われた日本カーリング選手権で2連覇を成し遂げた中部電力(長野県)の司令塔、藤沢五月選手も常呂町出身です。カーリング・プレーヤーの両親に連れられ5歳から競技に親しんでいるそうで、やはり環境が選手を大きく育てるのかも知れません。

 さて、Yukarie & ARK MAXICOのホットなライブのあとは、前述の日本カーリング選手権でみごと準優勝を果たした本橋麻里率いるロコ・ソラーレの登場です。吉田夕梨花選手はスケジュールの都合で欠席なので、「4人ソラーレ」です。
 ご想像の通り、ロコの場合も大量の「逆光写真」にため息をつくばかりです。しかし、そのなかで比較的まともな写真に調光補正を施し、スライドショーに加工したので、おひまな方はごらん下さい。
 HBCアナウンサー氏、もんすけ、小野寺コーチ、そしてロコ・ソラーレの熱狂的ファンのあなた! あなたのために編集しました。みなさん、どうもお疲れさまでした。
 ここしばらく新聞記事のスクラップばかりやっていて、久しぶりのブログ更新で口調がなんか変だし(○´q∀p`)☆ププッ ブブブ〜ブ♪

|

2011年7月13日 (水曜日)

連日の猛暑で我慢できないときにみる涼しい映像&音楽クリップ

■連日の猛暑で我慢できないときにみる涼しい映像。
これは昨年アップして、極一部で小さな反響があった。朝霧の中を疾走するわが(会社の)スーパーカー。音声は別録りしたものをかぶせている。
http://youtu.be/dX9_GRbSyHg

■平成23年6月10日オホーツク管内の降雹(ひょう)の瞬間。
農作物やクルマ、家屋の屋根などの大きな被害があとからあとからでてきた。かなりタイヘンな事態だった。自分はクルマを運転中だったけど、とつぜん石の塊みたいなのがガツガツ当り出して、ガラスが割れるかとあせったね。近場の木陰に乗り入れて緊急避難した、その瞬間の映像。
http://youtu.be/8FPTV91hMSc

■矢沢永吉とコーラ
曲はCMオリジナルではなくライブ盤からの『THIS IS A SONG FOR COCA-COLA』。歌詞を間違え、演奏だけ先に終わるボロボロのテイクだ。この直後、矢沢は日本を離れてアメリカへと旅立つ。CBSソニーからワーナーに移籍した辺りは、聴いていて背中に重いモノが伸し掛かってくるようで、なんともいえない息苦しさを感じる。自叙伝によると、当時の矢沢は私生活で諸問題を抱えていたようだが、その音楽の重さの理由が分った気がしたものだ。ちょうど70年代から80年代に切り替わった時代。結局、当時の彼は、日本の音楽産業に失望していたようだ。当時の彼はテレビに出ないスタイルを貫いていた。ワンコーラス、ツーコーラスを切り売りする紹介のされ方に疑問を持っていたからだ。最近でこそ音楽番組はフルコーラスが基本だけど、昔はそうじゃなかった。だから矢沢のTVCM出演は重大事件だったのだ。「コークが好きだ」と《やる気のないバンザイ》をみても感動した記憶がある。
Youtubeにはスタジオ・テイクをアップしたかったが、著作権の関係でブロックされてしまい、仕方がないのでライブ盤に差し替えた。映像は、すでに上がっていた作品を内緒で拝借し、初心者用の編集ソフトで再加工。 (*^▽^*)ゞ.。でもレコードジャケット(CBS時代の8枚)がパラパラめくれる部分は自作(*^^*)。
実験の結果、映像ではなく音響のパターン解析(?)が行われているようだ。特定の曲をアップすると自動的にプロテクトされる仕組みらしい。テクノロジーのまえに完全敗北。(でも先行する彼らはどうしてアップできたのかな?)

というわけで、いくらかは涼んでいただけただろうか?
それではみなさん、今日も一日おげんきで(^o^)/
http://youtu.be/MoouF9nlrGo

THIS IS A SONG FOR COCA-COLA
作詞:島崎政樹 作曲:矢沢永吉

揺れる髪 切なく

踊ろうよ南風
眩しくて見えない

このまま お前と どこまでも
太陽は二人だけの 影を落とす

I say come on in coke
I say come on in coke

目を閉じて振り向けば
風の中駆けめぐる

I say come on in coke
I say come on in coke

踊ろうよ南風
眩しくて見えない

I say come on in coke
I say come on in coke

I say come on in coke
I say come on in coke

——☆——☆——☆——☆——☆——☆——☆——☆——☆——☆——☆

ザ・ロック~1980年6月2日 日本武道館ライヴ
http://amzn.to/pKg9k6

矢沢永吉/アー・ユー・ハッピー? [単行本]
http://amzn.to/r7HUJY

|

2011年3月25日 (金曜日)

日本ロック界の生き仏・VOW WOW(1984-1991)が再び熱い! オリジナルアルバム全6タイトルがBlu-spec CD化され、4月20日発売決定!

日本ロック界の生き菩薩・VOW WOW(1984-1991)が再び熱い!
解散から20年が経過したいま、オリジナルアルバム(スタジオ録音)全6タイトルが2006年に再発されたデジタルリマスター盤に続いてBlu-spec CD化決定! 4月20日発売!
(Amazonのページからは商品の告知がなくなってしまったが、予約の上限に達したのだろうか?) 

今回は全文イタリック斜体で決めてみるぜ!

『BEAT OF METAL MOTION』(XQJX-1007)
『CYCLONE』(XQJX-1008)
『Ⅲ』(XQJX-1009)
『V』(XQJX-1010)
『VIBe』(XQJX-1011)
『MOUNTAIN TOP』(XQJX-1012)

200110325vowwow

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
みんなで歌おう!
Don't Leave Me Now (REMIXED VERSION) / VOW WOW
http://www.youtube.com/watch?v=iCBquMV9ygI
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Blu-spec CD
http://www.blu-speccd.jp/
ブルースペックCD / Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/ブルースペックCD
VOW WOW / Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/BOWWOW#VOW_WOW
人見元基 / Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/人見元基

|

2011年3月23日 (水曜日)

人類が二足歩行を開始して以来いちばんすごいボーカル、それが人見元基

Vocal Solo (Cry Me A River) 〜 I'll Wait A Lifetime / VOW WOW
http://www.youtube.com/watch?v=b89OUMNK2uM

VOCAL SOLO ( CRY ME A RIVER )〜I'LL WAIT A LIFETIME
—————————————————————————————
Guitar : 山本恭司 Kyoji Yamamoto
Vocal : 人見元基 Genki Hitomi
Keyboards : 厚見玲衣 Rei Atsumi
Bass : 佐野賢二 Kenji Sano
Drums : 新美俊宏 Toshihiro Niimi
—————————————————————————————
■HARD ROCK NIGHT
(1986年5月28・29日 中野サンプラザ)

|

2011年3月22日 (火曜日)

日本建国史上最強のロック・スパークル、それはVOW WOW

VOW WOW (1984 - 1990)
☆——————————————☆
guitar:山本恭司
vocal:人見元基
bass:佐野賢二
bass:ニール・マーレイ
bass:マーク・D・グールド
keyboard:厚見玲衣
drums:新美俊宏
☆——————————————☆
TELL ME / VOW WOW
http://www.youtube.com/watch?v=bcisU977k5o

I'm Gonna Sing The Blues / VOW WOW
http://www.youtube.com/watch?v=YPMoegd64_E

Vowwow1

Vowwow2

Tell_me

|

2011年2月 9日 (水曜日)

「ゲイリー、フィルが出迎えてくれていると願っている。コージーを探してくれ。そして、俺らがそこに行くまでに、アルバム何枚分かの曲を作っておいてくれ」(スコット・ゲインズ)

今月6日、孤高のアイルランダー、ゲイリー・ムーアが亡くなった。
多くのファンと同様、彼には特別思い入れがあった。78年に発表された発のソロアルバム『BACK ON THE STREETS』収録のFlight Of The Snow Mooseなど好きすぎて、その勢いで曲のイメージに合わせて短編を書いたほどだ。同アルバムは、僕が中学生だったとき、友人に借りた一枚だと記憶しているが、その盤はいま僕の手元にある。。(はやく返せよ!)
自分が小説を書き始めたのは20代になってからだ。それより以前に音楽と漫才表現で小説を意識していたので、彼への想いは、これから先の創作で表していくつもりだ——。
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
ロックギタリストの大御所、ゲイリー・ムーアさんが死去 滞在先のスペインで
(AFPBB News)

http://www.afpbb.com/article/entertainment/music/2784682/6784184

【2月7日 AFP】英ロックギタリストのゲイリー・ムーア(Gary Moore)さんが6日、滞在先スペインのホテルの室内で死亡しているのが見つかった。58歳だった。ムーアさんがかつて所属していたハードロックバンド「シン・リジー(Thin Lizzy)」のマネジャーが明らかにした。

 北アイルランド・ベルファスト(Belfast)出身のムーアさんは、8歳でギターの練習を始め、アイルランドのロックバンド「スキッド・ロウ(Skid Row)」で、プロのロックギタリストとしてのキャリアをスタートさせた。

 その後、ギタリストの脱退に伴い、新しいギタリストを探していた「シン・リジー」のメンバーとなった。ムーアさんは、ジョージ・ハリソン(George Harrison)やビーチボーイズ(Beach Boys)、オジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)らとも共演している。

 元シン・リジーのエリック・ベルさんは、「まだ信じられない。彼は頑丈で健康だった。ロック界の犠牲になるようなやつじゃない」と英国放送協会(BBC)にムーアさんの訃報の衝撃を語っている。「彼は最高のギタープレーヤーで、音楽一筋のミュージシャンだった」

「シン・リジー」を結成したオリジナルメンバーのブライアン・ダウニー(Brian Downey)さんも、「完全にショックを受けている。彼はいつでもぼくの心と祈りの中に生き続けるだろう。ただ、彼がいってしまったなんて、どうしても信じられない」と元バンド仲間の死を悼んだ。(c)AFP
——————————————————————————————————
ロックギタリストのゲイリー・ムーアさん死去、58歳 (ロイター)
http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-19419020110207

 [ロンドン 6日 ロイター] ロックギタリストで、ジョージ・ハリスンなどの著名アーティストとも共演したゲイリー・ムーアさんが、休暇先のスペインで死去した。58歳だった。

 アイリッシュ・タイムズ紙の電子版によると、ムーアさんは6日早朝、スペイン南部エステポナのホテルで亡くなっているのが見つかった。近くの都市マラガで、検視が予定されているという。

 ムーアさんは、北アイルランドのベルファスト出身。1969年に16歳でダブリンへ移り、バンド「スキッド・ロウ」に参加。その後、「ヤツらは町へ」などのヒット曲で知られるアイルランドのロックバンド「シン・リジィ」に加わった。

 ムーアさんが「シン・リジィ」に加わった際に同バンドを脱退したエリック・ベルさんは英BBC放送の取材に対し、「まだ信じられない。彼は丈夫だったし、ロックの犠牲者ではない健康な男だった。素晴らしいギタリストで、献身的なミュージシャンだった」と語っている。
——————————————————————————————————
ゲイリー・ムーア、死去 (BARKS)
http://www.barks.jp/news/?id=1000067516

ギタリストのゲイリー・ムーアが日曜日(2月6日)、休暇で滞在中だったスペイン、コスタデルソルのホテルで亡くなった。58歳だった。

現在のところ、死因は明らかにされていないが、睡眠中に亡くなったと報道されている。彼の死を発表したマネージャーは、あまりに突然のできごとに「まだ信じられない」とBBCに話している。「彼はものすごく元気だった。彼はロックの犠牲者じゃなかった。健康だった」

北アイルランド、ベルファストで誕生したゲイリー・ムーアは14歳でバンド活動をスタート。1969年、16歳のときにスキッド・ロウへ加入しレコード・デビューを飾った後、シン・リジィに参加。その後のソロ活動も成功し、レジェンド・ギタリストとしての地位を確立した。

シン・リジィのギタリスト、スコット・ゴーハムは「『Black Rose』時代、ゲイリーとプレイできたのは素晴らしい体験だった。彼は素晴らしいギタリストで素晴らしい人間だった」と、1967年からゲイリー・ムーアを知っているというブライアン・ダウニー(Dr)は「ものすごいショックだ。彼のために祈る。いなくなってしまったなんて信じられない」と哀悼している。

ゲイリー・ムーアは2010年春、21年ぶりに来日公演を行なったばかりだった。

Anger As Art/Abattoirのフロントマン、スコット・ゲインズは、ムーア・ファンを代弁するこんな声明を発表している。「ゲイリー、フィル(・ライノット)が出迎えてくれていると願っている。コージー(・パウエル)を探してくれ。そして、俺らがそこに行くまでに、アルバム何枚分かの曲を作っておいてくれ」

Ako Suzuki, London
——————————————————————————————————
GARY MOORE WEB SITE
http://www.gary-moore.net/
——————————————————————————————————

|

2010年5月16日 (日曜日)

寄付プログラム「第一回路上文学賞」受賞作品の発表

寄付プログラム「第一回路上文学賞」受賞作品の発表
http://www.bigissue.or.jp/activity/info_10051401.html

「路上文学賞」は全国の路上生活者を対象にした文学賞です。写真集『STREET PEOPLE—路上を生きる85人』の印税をご寄付いただき誕生しました。第1回から沢山の方に応募いただきました。選者は作家の星野智幸さんです。

【文学部門】
(1)正賞 : Oさん 「ココロ/キセキ」
(2)副賞 : Mさん 「3度の殺人事件により守られた神に選ばれた男」
(3)特別賞 : Iさん 「私が桜だったら」

【川柳部門】
(1)正賞 : Mさん
(2)副賞 : Iさん
(3)特別賞(3名) : Hさん、Swさん、kさん、Sさん

【路上雨宿り賞 (5名)(仮称=審査員特別賞)】
Hさん、Tさん、Mさん、Tnさん、Kさん

★ 応募いただいた全作品を小冊子にまとめて配布する予定です
★ 賞金の授与の日時は追ってお知らせいたします

 ————————————————————————————

| | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日曜日)

カントリーナイトin阿寒

Hi3a1125 Hi3a1121 Hi3a0517
 ふとしたきっかけで、あるイベントに参加することとなり、ニュー阿寒ホテルに泊まりがけで出かけて参りました。ホテルのロビーではマリモのデモンストレーション(?)が行われており、客室トイレのペーパーホルダーにもマリモという念の入れよう。そういえばザリガニ(外来種:ウチダザリガニ)がマリモを食べるらしく、そのおかげで減少傾向にあるって話を聞いたことがある。マリモをバカにしてはイケないぞ。あれはただの毛玉ではなく、国の特別天然記念物なのだから。確か前にもマリモを書いた気がする……あ、あった。
北海道伝説 まりもっこりガラナで行こう!
http://purplecoelacanth.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_ae76.html
北海道名物まりもっこり。今日も彼は人類愛を生きる。すてきなもっこり。
http://purplecoelacanth.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-167b.html
Hi3a1138 Hi3a1141
 リハーサルまで時間がある。ブログの更新でもしておくか。LANはどこに差せばいいのかな。
(´・ω・`)あれ? おかしい。そんなものはどこにも見当たらない。さっそくフロントに連絡。
「フロントロビーは全域で無線対応しております」。
 ……つまり客室からはネットにアクセスできないのだ。とほほ。おまけに無線の子機なんか用意してこなかった。
 この瞬間、ノートパソコンを持ってきたことがマッタク無意味となってしまった。ビジネスホテルと観光ホテルの違いがよくわかりました。
 ノートは組んだ足の上で開くと使いやすいが、セレロンの発熱量はどうにかならんか。低温やけどしそうだ。
 しかたない。偶然ハードディスクに入ってた「コトミン画像」でも開いて楽しむとするか。
Hi3a1136 Hi3a1133 Hi3a1134
「カントリーナイトIN阿寒」これが今日のイベントだったのか。しらなかった。ロング・トレイン・ランニン、ホールド・オン、アドリブ・セッションA、スタンド・バイ・ミー、アドリブ・セッションB、ホット・スタッフ……カントリー要素のかけらもない楽曲のオンパレード。まるで嫌がらせに来たみたいで気が引ける。でも主催者に誘われたのだから、まっいっか。
 それとどうも股間が明るいと思ったら、こんなところにも照明が。
Hi3a1135
 もうひとバンドのドラムセットにはブラックジャックのイラストが貼ってあった。「北見中央病院」と書いてある。そうか、これがうわさの……!
Hi3a1156 Hi3a1130
 リハも無事に終了。ツイッターやってるあいだに誰もいなくなってしまった。ひとりだけの記念撮影。どこにいるでしょう?
Hi3a1124 Hi3a1123 Hi3a1122
 本番まで時間がある。ゲーセンをのぞいてみよう。おっ、松方弘樹ゲーム! 好きなんだこれ。その横にはカラフルな電飾の不思議な機械。おもしろそうだけどやり方がわからない。
Hi3a1148  Hi3a1145_2 Hi3a1152 Hi3a1154
 どうしてみんなカウボーイ・ハットをかぶっているのかようやくわかった。この世の中にはカントリーダンスというジャンルがあって、それはYOSAKOIともシャル・ウィ・ダンスとも異なったオリジナルの踊りだが、今回のイベントはその愛好者の皆さんによるお祭りだったのだ。カントリーバンドの演奏の合間、それぞれチームを組んだ年齢も世代も様々なダンサーたちがパフォーマンスを披露するコーナーもあったりして、なかなかの盛況ぶり。聞くところによれば、札幌、帯広、中標津、北見のグループが集結したとのこと。北見では「みやまクリニック」がカントリーダンスの根拠地となっているらしい。こういう世界もあったのかぁ w(゚o゚)w 大変勉強になりました。
 館内のラーメン屋さんで軽く打ち上げして、引き上げますか。
 生ビールを頼んだらミンククジラのベーコンがでてきました。
Hi3a1166
 
 関係者の中にどうしてもカラオケしたい人がいて、お付き合いすることになってしまった。カラオケもいいけど、はやく風呂に入りたい。
 じつは阿寒の夜なんて何にもないんだ。ストリップ劇場ひとつありゃしない。ホテル内のバーも売店も閉まってるから、深夜番組を見ながら布団に入るしかない。現地の事情に通じた関係者が調べたところ、「完全セルフサービス持ち込み自由カラオケ・サロン『サンボーイ」がホテルの目の前で深夜営業している事が判明、主催者を含む愛好家6人で繰り出すことに。よくみると、となりにコンビニがあるではないか。持ちつ持たれつのトライアングルin阿寒、「たくましく生き残るローカル・モデル地区」のような好環境がそこでは展開されていた。
Hi3a1140
 カビと石油ストーブの不完全燃焼が入り混じった懐かしい匂いのするカラオケスナック築50年といった店内で、「昭和シリーズ」を宣言して裕次郎を連発する主催者に倣い、僕も「くちなしの花」「ギターを持った渡り鳥」で応戦するが、他のメンバーがいけなかった。彼らの熱唱した「人生が二度あれば
(陽水)」「蝋人形の館」2曲で、これまで店内で構築してきたカラオケ世界を一気に破壊することになった。基本的にカラオケとは自分が歌って気分がいいとか、そんなことはどうでもいい問題。自分の歌を聴いた仲間、さらには他の酔客の精神に及ぼす影響力を考慮して選曲しなければならず、さもなくば「チャンピオン事件」のように悲惨な出来事が繰り返されるだろう。
   ♪   ♪   ♪
 AM03;00。
 さて、異文化にも触れたし、風呂入って寝よ。

※チャンピオン事件

http://homepage2.nifty.com/blacksilk/text/BAND01.html


 

|

2010年4月 8日 (木曜日)

おやすみことみん4 〜やさしく殺して。

 ラジオのニュースでは、家出したまま行方不明となっていた市内の高校に通う18歳の女子生徒が一年ぶりに発見されたらしい。姿を隠していたわけではないと主張する彼女は、地下鉄工事のバイトで稼いだ金を旅費にして、独りでアメリカを放浪していたという。ほとぼりがさめたら「もう一度やる」とにこやかにコメントを残して。
 天気予報によると、雨混じりの曇り空は今週いっぱい続くようだ。


  <⌒/ヽ___
/<_/____/

|

2010年4月 7日 (水曜日)

おやすみことみん3 〜抱かれたい、もう一度

「石崎ことみんが結婚適齢期を逃しつつあるのでチームを離れる可能性あり」だぁ? ふざけるな! 
ヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!
 ことみん、きみはカーリングのことだけ考えていればいい。
 相手を探しているようだけど、お見合いするくらいなら俺が相手になるゼ!
 子供がほしいのかい?
 それも大丈夫。俺はあっちの方も強いんだ。
 子供だってすぐできるよ。
 タイガー・ウッズには負けないね。
 俺のドライバーはタイガーサイズだ。かなり飛ぶゼ。飛距離が違う。
 そういえば、ダイガーは「性依存症」ということで専門医のカウンセリングを受けていたはずだが、治ったのかな。そもそも性依存症って病気? はやい話「好き者」「好色家」じゃないのかい? 彼は恋愛ではなく、女の体が好きなんだ。もっともそれだけ女性にモテるということだが、不倫相手のなかにはポルノ女優が何人かいて、タイガーの財産をむしり取ろうと弁護士をつけて戦ってるのがいる。そんなのをみてると、彼を取り巻くのが虚飾に満ちた寂しい世界に思えてならない。
 俺はそうじゃない。石崎の魂に惚れている。カーリング一筋に打ち込んでいる石崎琴美の人生観に共感している。だから、彼女には死ぬまでカーリング選手でいてほしい。そのためには100%バックアップする覚悟があるし、ルールだってこれから覚える。
 とにかく、生半可な気持ちではないということだけは知っておいてくれ。
 さて寝るか。
 興奮したから、なかなか眠れないや。

  <⌒/ヽ___
/<_/____/
LOVE THAT WAS LOST(抱かれたい もう一度)
write:BobbyLakind,PaulBarrere
music:Eikichi Yazawa

I had a dream you left my life
It was a nightmare I don't care for
Then I awoke and saw you there
There was no need for all these tears

There's no reason to cry
A love so strong cannot die
Happiness is all around
Cause love that was lost is now found

Before I found you all I could see
A world without love cold ー no sympathy
You are special so special to me
Finding your love cured the misery

There's no reason to cry
A love so strong cannot die
Happiness is all around
Cause love that was lost is now found
Happiness is all around
Cause love that was lost is now found


|

より以前の記事一覧