« 2012年3月 | トップページ

2012年4月の記事

2012年4月21日 (土曜日)

銀幕の灯 消さない オホーツク唯一のミニ映画館「シアターボイス」代表 伊藤文一さん(59)=北見市(2011.4.8北海道新聞朝刊)

 JR北見駅前の商業施設「まちきた大通ビル・パラボ」のミニ映画館「シアターボイス」が移転か閉館かの選択を迫られている。

 「北見市庁舎のパラボ移転に伴い、商業施設は地下1階〜地上3階に集約される予定です。6階にある映画館を別の階に移すには、客席や音響施設などを新設する必要があります。資金もなく、別階に移転は難しい。一方で市内で映画を定期的に上映できる場所、施設もなかなかない。なんとか移転先を見つけたいのですが」

 同映画館は、旧東急百貨店にあった「ホール109」を利用。同店営業部長だった伊藤さんがNPO法人を設立し、2006年3月に開館させた。

 「映画好きだったこともありますが、百貨店の集客策の一環として、NPOや映画館運営に携わりました。07年に北見の東急が閉店になり、一度札幌に異動となりましたが、配給会社との交渉など映画館とのかかわりを持ち続けました。街に映画館がないのはもったいないと思うようになったんです」

 NPOは解散し、現在、伊藤さんと映写技師のほか、ボランティア数人による運営。割引など特典のある会員は北見や釧路など600人を超える。

 「作品は、個々の配給会社と交渉しています。自分が面白そうだなと思った作品や基本的にシネコンでは上映しないような作品を選んでいます。これまでの上映作品では邦画のほうがお客さんの入りは多いですね。ミニシアターの役割だと思いますが、見る人の選択肢が広がるような作品も上映していきたい」

 来年春までは今の場所で営業できる見込みだが、その後は白紙状態。移転する場所が見つかっても資金面の課題が残る。

 「今あるフィルム映写機は老朽化しており、デジタル設備をそろえるにも1500万円以上かかる。移転へのハードルはとても高いですが、北見のミニシアターの灯を消したくない。受付にいると、お客さんからも続けてほしいと言われます。会員さんや映画愛好家の協力を得ながら、何とか存続の道を模索したいですね」

 [ 追 記 ]

 北見市の市庁舎移転計画では、パラボの6階はすべて市役所・議場スペースとなる。さまざまな都合があるのだろうが、同じフロアに映画館が併設される市役所って意外と斬新ではないか。役場と棟続きで町民ホールが併設されるケースはよくある。映画館も文化施設と考えれば悪くない気もするのだが。
 文・久才秀樹
写真・中本翔
——————————————————————
 いとう・ふみかず
 オホーツク管内遠軽町出身。中央大卒業後、75年、東急百貨店に入社。82年にきたみ東急百貨店に異動。2年前に同社を退職。09年12月のNPO法人解散後、個人でシアターボイスを運営する。

2012420

|

2012年4月14日 (土曜日)

【東日本大震災南三陸町復興応援プロジェクト】〜愛の詩人・てつやを書く!〜伝動詩人えいた 書き下ろしパフォーマンス&個展

被災地でボランティアを続ける「どさんこ詩人」(どうしん情報紙みんと)』

 4月7日・8日に「書き下ろしパフォーマンス」を行う網走市出身の伝動詩人えいたこと瀬川映太さん(29)。「社会を良くしたい、人を元気にしたい」と活動する瀬川さんは、19歳の夏に大切な友人2人を失った体験、さらに911事件を機に人助けの道へ進んだそうです。その後、マザーテレサにあこがれ清貧生活を送る中で、「人が幸せになるために社会を変えたい」と社会活動家に転身。同時に伝え動く「伝動詩人」として書き下ろしを始め、東日本大震災以降は宮城県南三陸町でボランティアリーダーとして活動中です。
 瀬川さんの書き下ろしパフォーマンスは、相手の目を見てインスピレーションで色と詩を書くというものです。これまで何万人もの人にメッセージを書きましたが、「道に迷っている自分にぴったりの言葉をくれた」「明日から仕事を頑張れる」などと好評で、イベントでは大行列ができるほど。今回は東日本大震災南三陸町復興応援プロジェクトとして、売り上げは南三陸町への義援金になります。瀬川さんは、「今の僕があるのは、故郷である網走、オホーツクのおかげ。イベントを通して故郷に恩返しをすると共に、東北支援につなげていければと思います。一人でも多くの方に触れてもらいたいです」と話しています。期間中、南三陸町の震災時のようすや、復興へ向けて頑張る人々の姿を写した写真展も同時開催。瀬川さんと共に活動する北海道出身のボランティアメンバーもイベントに駆けつけます。催しのお問い合わせは実行委員会の小川さんへ。

2012414_1_3

2012414_2_3

2012414_3_3

2012414_4_2

2012414_5_2

はやいなぁ〜。あっという間に書き上がった。
伝動詩人えいた、素敵な詩をありがとう!
。:+.゜ヽ(*′ω`)ノ゙。:+.゜ヤッター

2012414_6

オフィシャルホームページ eita-rainbow Jimdoページ
http://eita-rainbow.jimdo.com/

|

2012年4月 9日 (月曜日)

TOYOTA 86 × ロコ・ソラーレ × Yukarie & ARK MAXICO

 昨日、ネッツトヨタ北見で開催された新型車「トヨタ86」の試乗会にいってきました。でもうっかり試乗するのを忘れてしまったので、そのレポートはできません(泣)
 出かけた目的はイベント・ゲストにあったりします。
 テナーサックスのYukarie、そしてARK MAXICO
 彼女らは今年2月にもネッツ北見でミニライブを行なっています。僕などはすっかり影響されてしまい、ネットオークションでテナーサックスを調べたりしたものです。結局、日々の生活に流されてしまい、サックスが頭から消えかかっていた頃のライブだったので、またサックスフォンが欲しくなってきたよぉん、うぉん、うぉん。ブブブ〜ブ♪
 Yukarie & ARK MAXICOには、6月ごろにも来て欲しい! 初夏の北海道は最高ですよ!

Netz_2

 ところで、このステージ…いやな予感がするなぁ。光源をバックにした人物をiPhoneで写しきれるだろうか…。

Img_4725

Img_4741

Img_4732

Img_4726

Img_4746_2

 で、結果はごらんの通りです……すっかり「謎のユニット」と化しております。でも、おお! よく解釈すればソニーロリンズみたいだ♪(*^∇^)ノ。

Saxophonecolossus

 次の機会に備えて撮影環境の充実が急がれます…うぅ。
 ところで、Yukarieがカーリングの話をしていました。
「このなかでカーリングやってる人!」
 おそらく、控室でロコ・ソラーレの選手と世間話でもしたのでしょうか。
 ほとんど手が挙がらず、ステージトークに花が咲く間もなく話題が終わってしまいましたが。まだまだ「カーリングの町宣言」とはいかないようです。
 競技が盛んなのはオホーツク海に面した常呂町です。学校の体育で、町民のほとんどが経験するはず。北見市では北中学校、藤女子高等学校で授業に採り入れらたと聞きます。また、北見工業大学のカーリング部はかなりの実力チームらしいのだけど、町を挙げての取り組みは始まったばかり。とても常呂町には適いません。
 1998年から冬季五輪の正式種目として認定されたカーリング競技において、2010年バンクーバー大会までに11人の選手が常呂町出身者です。なんといっても日本カーリングの火付け役が常呂町! 当初北見市は、隣町の熱い状況を横目で眺めているだけでしたが、2006年の市町合併による常呂と北見の合体が転機となりました。バンクーバー五輪を終えて拠点を常呂町に移した本橋麻里選手の帰郷もあって「カーリングで町興し」の機運が一気に高まったのです。常呂町カーリングホールの隣接地に新築される通年型競技場が来年オープンを目指して着工されますが、こちらは国際大会を誘致できる本格施設となります。
http://pucchi.net/hokkaido/newstopics/201203kitami_curling.php
 2月に行われた日本カーリング選手権で2連覇を成し遂げた中部電力(長野県)の司令塔、藤沢五月選手も常呂町出身です。カーリング・プレーヤーの両親に連れられ5歳から競技に親しんでいるそうで、やはり環境が選手を大きく育てるのかも知れません。

 さて、Yukarie & ARK MAXICOのホットなライブのあとは、前述の日本カーリング選手権でみごと準優勝を果たした本橋麻里率いるロコ・ソラーレの登場です。吉田夕梨花選手はスケジュールの都合で欠席なので、「4人ソラーレ」です。
 ご想像の通り、ロコの場合も大量の「逆光写真」にため息をつくばかりです。しかし、そのなかで比較的まともな写真に調光補正を施し、スライドショーに加工したので、おひまな方はごらん下さい。
 HBCアナウンサー氏、もんすけ、小野寺コーチ、そしてロコ・ソラーレの熱狂的ファンのあなた! あなたのために編集しました。みなさん、どうもお疲れさまでした。
 ここしばらく新聞記事のスクラップばかりやっていて、久しぶりのブログ更新で口調がなんか変だし(○´q∀p`)☆ププッ ブブブ〜ブ♪

|

« 2012年3月 | トップページ