« 2011年10月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年1月の記事

2012年1月17日 (火曜日)

故 佐藤泰志の作品 映画化第2弾「そこのみにて光輝く」函館の有志ら企画(2012.1.15 北海道新聞朝刊)

2012117_3

 【函館】函館出身の作家佐藤泰志(1949〜90年)の小説「そこのみにて光輝く」が地元有志らの企画で映画化されることになった。佐藤作品の映画化は2010年公開の「海炭市叙景」に次いで2作目。来年の公開を目指す。監督の人選などは調整中だが、企画スタッフは「美しい夏の函館を舞台に佐藤泰志の世界を描きたい」と意気込んでいる。
 「そこのみにて—」は89年刊行の長編小説。函館がモデルの夏の港町を舞台に、青年たちの出会いや恋、波乱のある生活を硬質な文章で描く。昨年春、河出文庫で復刊された。
 映画化は、「海炭市叙景」の製作実行委員会メンバーらが発案した。海炭市叙景がキネマ旬報の日本映画ベストテンで9位に輝いたほか、観客動員5万人、興行収入6千万円の好成績を上げたことも後押しとなった。
 著作権を継承した遺族や、版元の河出書房新社も了承。現在、出資企業など製作の枠組みを最終調整中だが、今春をめどに監督や出演者を決定。早ければ今年7〜9月に函館でロケをする予定だ。
 前作の製作実行委員長で、今回はプロデューサーを務める菅原和博さん(函館)は「夏の函館が舞台の本作は、冬が舞台の海炭市叙景と対をなす作品。前作同様ふるさとの人たちの協力を得て完成させたい」と話している。
(写真:「そこのみにて光輝く」が映画化される佐藤泰志=1989年夏)

映画「海炭市叙景」公式サイト
http://www.kaitanshi.com/
そこのみにて光輝く (河出文庫) [文庫](Amazon.co.jp)
http://amzn.to/w0F3r4
佐藤泰志 作品一覧 (Amazon.co.jp)
http://amzn.to/ynhah7
佐藤泰志 (Wikipedia)
http://bit.ly/w28YBF

|

« 2011年10月 | トップページ | 2012年3月 »