« 僕と君の合言葉 2020東京五輪で会いましょう! | トップページ | 連日の猛暑で我慢できないときにみる涼しい映像&音楽クリップ »

2011年7月 9日 (土曜日)

さようなら福村書店。ありがとう福村書店。(北見市)

福村書店 破産申請へ
北見の老舗 負債5.6億円

【北見】北見の書籍販売の老舗、福村書店(下斗米ミチ社長)は6日、事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。近く釧路地裁北見支部に自己破産を申請する。信用調査会社の東亜リサーチ(北見)によると、負債総額は約5億6千万円の見込み。(関連記事31面)
 東亜リサーチなどによると同社は1947年創業、60年に法人化。一時は北見のほか札幌などにも支店を出したほか、北見市内42小中学校のうち20校分の教科書も取り扱っていた。92年7月期の売上高は15億9500万円だったが、店舗拡大による経費増や大手古書店の進出、雑誌を扱うコンビニエンスストアの増加などで業績が悪化。2010年7月期には4億9300万円まで落ち込んでいた。
 福村書店は下斗米社長が先代社長で夫の茂気さん(故人)とともに創業した。地元作家の作品や文芸誌のコーナーを設けたり、公共施設に絵画を寄贈するなど文化活動にも積極的にかかわってきた。
 北見市の店舗「北の書籍館」は5日の営業を最後に閉じたが、別の業者が女満別空港で運営するテナント店には連絡がなく、6日は営業した。

20110709_1_3

福村書店が事業停止
文化発信の拠点が…
北見「ショック」老舗惜しむ声


 「北見の文化発信の拠点だったのに—」。1947年創業の北見市の老舗書店「福村書店」が事業停止となった6日、同市内美芳町にある店舗「北の書籍館」を訪れた市民や文化関係者からは驚きと閉店を惜しむ声が聞かれた。

市教委 教科書の扱い先懸念

 同店舗には同日、2カ所の出入り口に閉店を知らせる張り紙が張り出された。突然の閉店を知らずに店を訪れた市民も多く、張り紙を見て一様に驚いた様子だった。昔から利用していたという会社員坂東正行さん(62)は「本は必ずここで買っていた。本離れの影響だろうか。とにかくショック」と言葉少な。アルバイト矢口誠さん(32)も「専門書が充実していた。店員さんの本を選ぶセンスはほかの店にまねできないと思う」と惜しんだ。近くにあるスーパーの男性店員(51)は「閉店はこちらの売り上げにも間違いなく影響するだろう」と寂しそうにつぶやいた。
 同店は、「文芸北見」や「北見叢書(そうしょ)」など地域の書籍を取り扱ったり、地元ゆかりの作家コーナーを設けるなど北見文化を発信する役割も担ってきた。文芸北見を発刊する北見文化連盟の平野温美会長は「書店は街の文化的なステータスでもあり、老舗書店の閉店は本当に残念」と話した。
 同店に勤務し、2009年に旧本店跡に「ブックキャビン」(北3西2)を開店した高野淳一さん(63)も「図書館や学校の本の充実に尽くし、北見の文化に大きな貢献をしてきたのに」と声を落とした。福村書店で予約済みだった本やインターネット通販で受け取り予定だった本は同店に引き継がれる。
 また、福村書店は市内42小中学校のうち20校分の教科書も取り扱っていた。市教委学校教育課は「9月からの後期分については教科書センターから直接送ってもらうことを検討している。来年度以降、これだけの量を扱ってくれる書店があるのか、今後考えなくてはならない」としている。
(写真:事業停止を知らせる張り紙が張られた福村書店「北の書籍館」)

20110711

福村書店倒産
マチの本屋 苦境続く
大型店、ネットが挟み撃ち

 北見の老舗、福村書店が6日、自己破産を申請する方針となり、道内の書店業界に衝撃が広がった。福村書店は地元文芸誌なども扱う地域文化の発信基地だったが、その破綻で、大型書店とインターネット通販との間で地域の中小書店の苦境が続いていることが浮かび上がった。(2面参照)

 道内では「メガ書店」と呼ばれる店舗面積1千坪(3300平方メートル)規模の書店の開店が相次ぐ。2008年以降、リラィアブル(釧路)とジュンク堂書店(神戸)が札幌、旭川で計3店を開店。10月にはリラィアブルの「コーチャンフォー北見店」が開店予定だ。
 メガ書店は100万冊を超す点数が売り。「あちこちの店を探し回らなくても本が見つかる」と、強い集客力を持つ。勢いを増すネット書店も中小の驚異となっている。楽天は「書籍の売り上げは他の物販より伸びている」(広報)と言う。
 札幌の書店関係者は「地方の消費者ほど、話題の本や専門書を買う際に、地元では売っていないと考えてネットで注文する」。別の関係者は「メガ書店やネット通販がある中、地方の中小書店は工夫をしない限り生き残れない。例えば書店周辺の住民に高齢者が多いなら、文字の大きい書籍や雑誌が好まれるので、常に品ぞろえの見直しが必要」と話す。
 北海道書店商業組合の久住邦晴理事長(札幌・くすみ書房社長)は「町の本屋は、ネット書店や大型店のほか、コンビニエンスストアや(新品に近い本を買い取って安く売る)新古書店を加えた四つの驚異にさらされている。将来が見通せないので跡を継がせられず、道内各地で次々と老舗書店が閉店してきた」と嘆く。
 一方で、地域の住民の熱意が書店誘致につながった例も。三省堂書店(東京)は24日に留萌市内で道内5店目の店舗を開く。市内唯一の書店が倒産したのを受け、主婦らが誘致運動を展開。三省堂書店の会員になる協力者2500人を集めたことで出展が決まった。三省堂書店札幌店の横内正広店長は「近郊を含めた人口は4万人で経営は簡単ではないが、地元の情熱に答えたい」と話している。
(写真:閉店を知らせる張り紙が出された福村書店「北の書籍館」〜北海道新聞7月7日朝刊)

20110709_2

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

各地の書店が経営危機にあるとは聞いていたけど、福村書店が無くなるとはおもわなかった。(ノ_・。)コンビニで雑誌を買うことはほとんどないけど、Amazonならたびたび利用していた。でも考えてみれば、限定本かよほどの希少本でない限りAmazonで購入できてマチの書店で手に入らない書籍はないんだよね。マチの書店になければ注文すればちゃんと入荷します。もっと地元の書店を利用すればよかったヒーン(TmT)ウゥゥ・・・結局、福村書店で最後に購入したのは佐藤泰志の『海炭市叙景』だった

Img_3431

あたりまえだけど、お客さんがいません。。

Img_3426

パンダさんも泣いてます。

Img_3429

「伝書鳩」とは地元のフリーペーパー。

Img_3428

(:_;)

Img_3432

深夜零時までやってたんだね。そんなことも知らないで。。気づいたときにはいつも遅いのさ。

Img_3433

さようなら福村書店。ありがとう福村書店。

子供のころから親しんでいた福村書店が長年の営業に終止符を打った一方で、新たに北見に進出した書店がある。今日始めて知ったんだけど、ひかりや書店(網走本店?)が、ショッピングモールのメッセ(北見市中央三輪5丁目423番地5)に支店を出したようです。ここにはBOOK OFFがあるんだけど、同じ店内の右半分がBOOK OFF、左半分がひかりや書店という住み分けになった模様。結構広めのスペースなので、かなりの品揃え。ということはこの店にいけば、あるタイトルで新品と中古を選択できるわけか。書店がダメになった最大の理由は再販制度にあると僕は考えているので、この試みはおもしろい。

Img_3422

今日も30度ちかくまで気温が上がったけど、このクソ暑いなかダークスーツの偉いおじさんたちが店の前でじゃま臭いです(かつウットーしい)。書籍販売業界にもスーパークールビズが必要。

Img_3424

なにかイベントをやっているようで、ちびっ子たちが吸い込まれるように店内に入っていきます。ひかりや書店で本を買うと景品が当るのかぁ。BOOK OFFでは全品半額セール(一部除外)のキャンペーンで集客を図ります。
ちょうど良い機会です。まえから読みたかった文庫本をまとめ買いしました。レジ操作で一冊ごとに「半額」の計算をやっているようで、いつもの倍、キーを打たなくてはならないみたい。なんだか大変そう。ある金額以上でサービスポイントが付くらしく、50円の割引券をもらいました。ありがとう♪(o ̄∇ ̄)/
さっそく追加で100円の文庫をもう3冊選びましたが……

「もらったばかりの割引券、もう使います」
「かしこまりました。カチャカチャ、カチャチャチャカチャチャ、カチャチャ、カチャチャチャ、カチャチャチャカチャ、カチャカチャ、カチャチャチャカチャ、カチャチャ、カチャチャチャ、カチャチャチャカチャ、カチャチャ、カチャチャチャ、カチャチャチャカチャ、カチャ、カチャカチャ、カチャチャチャカチャ〜」
「(まるで円周率を計算してるようだ。そんなにレジのボタン押すかなぁ。100円の文庫本が3冊で、それが半額だから、全部で150円で、50円の割引券をだしたから……)」
「チーン、はい。では85円になります」
「∑(ノ▼ο▼)ノ オォオォオオオ!!」
メモを見ながらレジを打っていた店員さん、じつは複雑な計算をしてたんだなぁ〜。

ところで、本そのものが売れないわけではなさそうなので、あくまでも消費者が利便性を追求した結果、地域の書店経営が難しくなってきたのかも知れない。でも、出向いた書店で偶然手にした一冊との運命の出会いがきっとあるとロマンチストの僕は信じています。たとえ散歩の途中でも「なにかが起こりそうな予感」がある限り、人は本屋に足を運ぶのではないか。ぜひ新品で手に入れたい本(末長く手元に置いておく)。取り合えず読めればいい本(読んだあと人にあげるか、 売りさばく)。図書館で間に合う本(途中で飽きたら棚に戻す)。僕の場合はこの3パターン。それに合わせて(TPO?)、上手に書店を使い分けていきましょう。

Img_3434

福村書店のメンバーズカード、記念にとっておこ。地元文芸誌「文芸北見」といえば福村書店が積極的に販売を展開していたイメージがあって、おそらくそれは間違いではないはずだけど、同じように力を入れて取り扱う店があるだろうか。このまま文化の下火につながるならなんともサビしい。そして、まだ僕の手元にたくさん残ってるんスけど、これ、どうやってさばこうかな〜。誰か買って!(*´∀人)

福村書店
http://www.books-fukumura.co.jp/

|

« 僕と君の合言葉 2020東京五輪で会いましょう! | トップページ | 連日の猛暑で我慢できないときにみる涼しい映像&音楽クリップ »

ぼくのまち、わたしのまち」カテゴリの記事

小説」カテゴリの記事

新聞・ニュース記事・動画」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事